家をきれいに保ちたいなら絶対してはならないこと

家をきれいに保ちたいなら絶対してはならないこと

家をきれいに保つには

PAGETITLE
家をきれいに保つには、小まめに掃除することが大切だと思うのですが、そのために絶対してはならないことは、ずばり「むやみにものを増やすこと」だと思います。
物が増えると、掃除をする際に物をどかさなければならなくなり、それがとても面倒に感じてしまいます。拭き掃除でも同じこと。いちいち物をどかすのが大変だと思い始めると、掃除自体が面倒になってしまいます。
椅子やテーブルを動かすのは大仕事です。
それを考えただけでも、掃除をする意欲がなくなってしまいます。最初から物が少なければ、すぐに掃除に取りかかることができ、掃除に対するストレスをぐっと減らすことができます。また、物が少なければホコリが溜まりにくいし、ホコリが溜まらなければ掃除をしなければならない箇所も減る、ということです。

我が家は、夏に新築の家に引っ越しましたが、家をきれいに保つために物を増やさないように気を付けています。今のところ、毎日の掃除も負担になっていませんし、このまま物を増やさず、家をきれいなままで保っていきたいと思っています。

清潔な居住空間というのは、とても気持ちのいいものです

清潔な居住空間というのは、とても気持ちのいいものです。

今は、便利且つ画期的な掃除アイテムがたくさんあり、そういったものを上手く使って掃除すると、個人的には掃除タイムがちょっと楽しくなるのですが、友達の部屋に行くと、いわゆる汚部屋の人もいれば、きっちり整理整頓しておかないと気が済まないタイプの人もいて、結局は個々人の性格がかなり影響しているような気がします。

しかし、どのような性格であっても、私が思う「家をきれいに維持する方法」の重要なポイントとしては「タバコを控えること」ではないかと思っています。たとえ、どんなに整理整頓されていたりホコリなどちゃんと掃除してある部屋であっても、タバコの匂いが染みついていたり、ヤニの黄ばみなどを発見すると、それだけでなんとなく家全体にマイナスの印象がついてしまう気がします。
喫煙している本人としては気がつかない場合もあるのかもしれませんが、たまに来る来客などは意外とそのあたりに気がつくものなので、家をきれいに維持したいならとりあえずタバコを家の中で吸うのは、控えた方がいいのではないかと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2016家をきれいに保ちたいなら絶対してはならないこと.All rights reserved.